頬痩せを意識して始めた体操

頬痩せしたいと思ったきっかけは、去年のクリスマスです。近所のママ友と開いたクリスマス会で、皆で撮った写真を見ていると、なにか違和感がありました。よくよく見てみると、私だけ一回り顔が大きかったのです。

周りのママ友は気が付いていませんでしたが、大ダメージでした。当時は太っていたせいもあり、余計パンパンに見えたのだと思います。それから、頬痩せについて意識し始めました。

私の隣に映っていたママ友は、顔が一回り小さく、目も口も大きく華やかに見えました。

私は目も口も小さく地味な顔立ちです。つまり、顔が小さくなれば少しは華やかになれるのでは?と思いました。

芸能人のような小顔を目指しても、あまりに無謀なのはよくわかっています。なので、せめて近所の美人ママくらいにはなりたいと目標を持ちました。

頬痩せを意識し始めて試したことは、顔の体操です。あ、い、う、え、と大きく口を開けて顔の筋肉を動かし、小顔を目指すというものです。

この体操は自律神経にもいいらしく、そこが気に入って始めました。私は疲れがたまると体調を崩すことが多く、それもどうにかしたいと思っていました。この体操なら、その悩みも解消できそうだと思いました。

半年ほど続けてみて、劇的ではないですがフェイスラインが引き締まってきたように感じます。冬は唇が避けていることもあり、口を開けるのが辛かったですが頑張りました。顔の筋肉を動かすと気持ちもスッキリするので、これからも続けていきたいです。